FC2ブログ

記事一覧

東芝半導体メモリー研究データ流出事件


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 悪いのは情報を盗んだ韓国企業である。
 が、何度も繰り返していることであるが、情報というものはいつかは漏れるものなのである。
 漏れた時の対処法も考えていなければ企業には将来はない。
 一番良いのは走り続けることであろう。
 水が高い所から低い所へ流れるのは当然の理である。
 ライバルよりも優位に立ち続けるには、絶えず新しい水を流し続ければいいのである。
 老舗と呼ばれる日本の大企業は、最近何か世界的なヒット商品を新たに売り出したであろうか?
 守りに入り、高所であぐらをかいているだけでは、たとえ情報を奪われることがなくとも、どの道落ちていくだけであろう!




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »