FC2ブログ

記事一覧

NYタイムズ社説「安倍首相と日本の右翼らはいまだに『南京大虐殺はなかった』と主張している」


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 歴史修正主義が間違っているとは思わない。
 歴史に誤りがあれば、訂正するのは当たり前である。
 歴史は勝者の歴史である。
 今の世界が戦勝国連合国に贔屓(ひいき)目に作られていることは否めない。
 だからといって、「枢軸国」が異議を唱えたところで、連合国が聞き入れるわけがない。
 訂正を受け入れることは、連合国の「正義」を揺るがすことになる。
 ただでさえ揺らいでいる今、彼らが世界支配の大義名分を放り出すわけないであろう。
 日本は勘違いをやめるべきである。
 アメリカは日本の味方ではなく、連合国の味方なのである。

 二日付けのニューヨークタイムズ紙の中にこうあるという。
「安倍首相と日本の右翼らはいまだに『南京大虐殺はなかった』と主張している」
 これが百田発言を基に書かれたことは容易に見て取れる。
 が、これを見れば、百田氏だけではなく総理までそう言っているように読めてしまう。
 これに対して日本政府は、
「記事が間違っている!総理はそんなことは言っていない!」
 と、抗議したいう。
 ニューヨークタイムズは何も間違えてはいない。
 なぜならこれは誤記ではなく、故意だからである。

 むしろ間違えたのは、
「南京大虐殺はなかった」
 と、言ってしまった百田氏の方であろう。
 先述したが、木曽義仲の京都上洛と日本軍の南京占領では同様の事態が展開されたのであろう。
 織田信長は先人の失敗を防ぐためにムチを振るい、日本軍はアメをなめさせたのである。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »