FC2ブログ

記事一覧

日本は首相の靖国参拝や右傾化をやめるべきではないのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 善人は悪人にねじ伏せられる。
 悪人は善人のお面をかぶった偽善者にはかなわない。
 偽善者は善人には手出しできない。
 手出しすれば、悪だということがばれてしまうからである。

 資金が少なくなれば買える株が少なくなる。
 日本は「首相靖国参拝株」を買えなくなったということであろう。
 日本はアメリカに対しては善で攻めるべきである。
 具体的には改憲や米軍タダ警備はやめるべきである。
 平和を訴えている者にアメリカは手出しできない。
 少しでも戦争を口にすれば、それを糸口として骨の髄まで利用されるだけである。
「日本はアメリカの軍縮分を補填(ほてん)しろよ」
 いくらアメリカに言われても、
「日本は永久不戦国家ですから!」
 と、押し通せばいいのである。
 偽善のアメリカはそれ以上は言えない。
 言ってしまったらおしまいだからである。

 一方、悪の中国に対しては偽善である。
 平和憲法をかぶりながら、影で動くわけである。
 ユビキタス社会といわれて久しいが、自衛隊こそそうすべきであろう。
 自国の警備費用を自国民に出させるのが当たり前という考え方もおかしい。
 現にアメリカは日本などに警備費用を出させている。
 日本も他国に警備費用を払わせればいいのである。
 最良なのは敵国に払わせることであろう。


● 靖国問題 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »