FC2ブログ

記事一覧

中国「安重根記念館設立は安倍首相靖国参拝への対抗処置」


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 正しい歴史認識というのは政治家が言うことではあるまい。
 しょせん政治家は歴史検証なんて二の次であろう。
 政治利用!
 このほかに政治家が歴史を持ち出す理由があるのであろうか?
 政治家が自己の権力維持のために歴史をねじ曲げることなどあってはならない。
 政治家は過去に頼らず、現在の真価でもって評価を高めるべきであろう。

 善は善であり、悪は悪のはずである。
 ところが今の中韓では、「反日が善、親日が悪」になってしまっている。
 すべては「連合国は善、枢軸国は悪」という片手落ちから派生したものである。
 繰り返しになるが、個別に対処するよりも、大本を崩さないことにはどうしようもない。
 断じて「枢軸国は善、連合国は悪」という逆転を目指すわけではない。
「枢軸国も連合国も悪」であり、「戦争こそが悪の巣窟(そうくつ)」であることを世界に知らしめるべきである。

「日本は『中韓はテロリストを英雄視するな』と、言うが、日本だって『鬼』に参拝しているではないか」
 先祖が「鬼」だということは、誰もが信じたくはあるまい。
 が、実際に日本人は「鬼」であった。
 それでも決して「鬼」を英雄視しているわけではない。
 英霊は英雄ではなく、加害者と被害者であろう。
 現在の日本人は加害者ではなく、被害者に手を合わせているのである。
「じゃあ、被害者と加害者を分祀すればいいじゃないか」
 そんなことは一人の中に共存している人もいるため、できるはずもない。
 そもそも日本は「大鬼」に手口を教わって「鬼」になった。
 にもかかわらず中韓は、「大鬼」の罪はすべて許してこびへつらい、「小鬼」の罪だけを暴き出していじめ倒す。
 そもそも今の日本には「戦犯」などほとんど残っていない。
 無実の人々がこんな理不尽な仕打ちをされれば、誰だって機嫌が悪くなるのではあるまいか?




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »