FC2ブログ

記事一覧

連合国支配下にある今日世界での改憲は危険ではないのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 かつて枢軸国は悪を犯した。
 そして連合国も悪を犯した。
 しかし連合国が勝ったため、枢軸国の悪だけが罪になった。

 日本は武装蜂起して連合国に投降し、日本国憲法で「封印」されたことを忘れてはならない。
 連合国支配はいまだ継続しているのである。
 連合国支配下にある今日世界で封印を解くことは、連合国に対する反旗に他ならない。
 中国が悪を犯したとしよう。
 日本が悪で抗したとしよう。
 前と同じことである。
 連合国支配下では、日本の悪だけが罪となってしまうであろう。

 右傾化は危険である。
 日本は「賊軍」になってはならない。
 中国に討伐の、アメリカに再占領の大義名分を与えてはならない!
 そうさせないためには、改憲の前に「錦の御旗」を手に入れるべきであろう!



● 国際連合(連合国) ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング