FC2ブログ

記事一覧

続・谷内正太郎国家安全保障局初代局長はやるのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 三方ヶ原一つとっても、武田信玄と徳川家康の仲が良かったとはいえない。
 が、仲が良くない者同士でも、利害でつるむことはある。
 その例が、今川氏真攻めであろう。
「わしは北から攻める。家康殿は西から攻められよ」
 結果、今川氏真は領地を奪われ、ほぼ駿河が武田領に、ほぼ遠江が徳川領にと「山分け」された。

 私が何を申し上げたいかはお分かりであろう。
 どんなに日本が軍事力を増強したとしても、米中双方から攻めらたらひとたまりもない。
「米中が日本に攻めてくる?そんなバカな!」
 笑い話とも言えまい。
 きざしは尖閣に現れている。
 中国はアメリカに「太平洋半分こ」を提案している。
 中国が抑えているのは、アメリカの挙兵を待っているのであろう。
 アメリカが抑えているのは、日本が必死になって言いなりになっているからであろう。
 が、日本のカネには限界がある。
 このままでは剣を交わす前に経済的につぶされてしまう。
 そうさせないためには、事を平和的に解決するためには、米中分断しかないはずであろう!



● 続・谷内正太郎国家安全保障局初代局長はやるのか? ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »