FC2ブログ

記事一覧

中高年の「引きこもり」は深刻なのか?

 日本最古の「引きこもり」は、大国主神であろう。
 彼を引きこもりにした理由は、天神族に敗れ、「王さま」という仕事を取り上げられたからである。

 仕事をなくすのはショックである。
 私は職場を辞めたことも辞めさせられたこともあるので、よく分かる。
 辞めるのはいいのである。
 辞めさせられると、次に進むことができない。
 やろうとしても、また辞めさせられるのではないかという不安につぶされしまう。
 そういう人は、リセットしたほうがいい。
 今までの仕事のことは忘れて、好きなことをするのである。
 人生を振り返って、一番得意だったことをしてもいい。
 中高年にもなれば、何ができて何ができないか分かるはずである。
 できないことを無理にやろうとしても、続くわけがない。

 この世に何もできない人など存在しない。
 現に引きこもりは、引きこもることに関してはプロなのである。
 職人と同じである。
 引きこもりは、毎日同じことを繰り返しているうちに、知らず知らずのうちに「職人技」を磨いているのである。
 安倍政権が「国民総活躍社会」を目指しているのであれば、このことに気づくべきである。
 いつでも対応できる、交通費も全くいらない在宅勤務者たちを眠らせたままにしておくのは、国益にはならない。
 
 引きこもりは悪ではない。
 大切なモノを失った人を癒せられる行動の一つである。
 事件や事故やウイルスや放射能などの驚異から身を守る手段としても有効である。
 老若男女の区別なく、今後ますます増えるであろう。



引きこもり
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »