FC2ブログ

記事一覧

日本政府はいつまでできるはずもない拉致事件解決を目指すのか?

 拉致事件の犯人は死んだのである。
 拉致事件に「犯人の息子」が関わっているはずもないのである。
 考えてもみるがいい。
 いったいどこに、
「お前のオヤジの犯罪話をしよう」
 なんて誘われたところで、乗ってくる息子がいるであろうか?

 そこで安倍首相は「植民地時代の精算」で金正恩委員長を釣ろうと試みた。
 つまり、
「お前のオヤジの犯罪話をすれば、日本国民の先祖の犯罪話もしよう」
 と、持ちかけたのである。
 が、今度は日本国民が許すはずがない。
 金委員長が乗ってこなかった理由と同じだからである。


北朝鮮 拉致
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »