FC2ブログ

記事一覧

なぜマスコミは殺人犯熊沢英昭元農水事務次官の肩を待つのか?

 マスコミはわかりやすい。
 川崎殺傷事件では被害者の味方であった。
 熊沢英一郎さん殺害事件では加害者の味方になった。
 マスコミは被害者に寄り添うわけではない。
 貧乏人より金持ちに味方するのである。

 もちろん、英一郎さんに問題がなかったわけではない。
 しかし問題の起因は、両親の身から出たサビではないか。
 大切な物を壊されて怒るのは当然である。
 だからといって暴力で返したのは英一郎さんが悪い。
 しかしそれより悪いのは、殺害で返した英昭元次官であろう。

 官僚の元トップが殺人犯とは恐ろしい話である。
 私が疑っているのは、英昭元次官の「前科」である。
 これまでに英昭元次官が殺したのは、英一郎さん一人だけであろうか?
 前にも殺しているが、今回は息子でバレバレだったため、自ら警察に電話しただけではあるまいか?
 過去に息子の悪事をもみ消していることは確かである。
 これだけ息子が増長しているということは、何度も何度ももみ消しているはずである。
 当然、自身や家族や官の悪事も、徹底的にもみ消しているはずであろう。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »