FC2ブログ

記事一覧

熊沢英一郎さんはワルだったのか?

 死人に口なしである。
 熊沢英昭容疑者は、いくらでももっともらしい話を作ることができる。
 何しろ英昭容疑者は不祥事もみ消しのプロである。
 情状酌量、正当防衛へ持っていくため、思いつくことはすべてやるであろう。

 英昭容疑者がどんなに英一郎さんをワルに仕立て上げようとも、殺人に勝る暴挙はない。
 法に反したことをする前に、警察に相談すべきであった。
 しかし、英昭容疑者はできなかった。
 そうすることによって、自身の悪事が表沙汰になるのを恐れたのであろう。
 国家権力の闇がばらされることに恐怖したのであろう。
 だからこそ、口封じのために殺すしかなくなってしまったのである。
 まるでこれまでもみ消してきた数々の不祥事のように。



熊沢英昭
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »