FC2ブログ

記事一覧

ローマ法王に核なき世界の実現を訴えるのはアリか?

 なき世界に越したことはない。
 が、訴えられたところで、を持っていないローマ法王は対処しようがない。
「その活動を続けなさい」
 賛意を示すのが限界であろう。
 行動を起こせるのは、核保有国のみである。

 非核運動は考えものである。
 被害の悲惨さを訴えれば訴えるほど、
「だから核保有国には逆らえない」
 と、思う人が増えてしまうからである。
 結果的に非核運動核保有国を利しているといえよう。

 非核だけを目指せばいいってものでもない。
 非核より優先すべきは平和である。
 核を持たなかったばかりに戦争を招いてしまっては何の意味もない。
 イラクリビアの悲劇はそのためである。
 北朝鮮が戦争を免れたのは、核保有したためである。



ローマ法王
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »