FC2ブログ

記事一覧

なぜ「余裕のない人」が暴れる事件が目立ってきたのか?

 京都アニメーションへの寄付金が恐ろしいほど集まってきているという。
 それでも、失った職人や作品が返ってくることはない。
 最も悪いヤツは、凶悪犯である。
 が、凶悪犯を生み出す政治や社会に責任がないとはいえまい。

 余裕のない人を暴れさせている原因は、老後2000万円問題であろう。
 2000万円を持っていない人や、2000万円を貯められそうにない人が不安になり、暴発するヤツが現れ始めたのであろう。
「こっちは余裕ないんだ!」
 京アニ放火事件をしでかした青葉真司容疑者(41)も、事件前に近所の住人にわめいていたという。
 もちろん、事件の一因が老後2000万円問題だとはまだわからない。
 が、もっとわかりやすい事件が神奈川県で起こっていた。
 女子高生を誘拐した木村功容疑者(64)は、家族にこう要求したという。
「2000万円出せ」

 安倍政権はいまだ老後2000万円問題の有効的な解決策を示していない。
「お金がなければ働けばいいじゃないか」
 と、いうのは、マリー・アントワネットの、
「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」
 と、変わらない(解釈は諸説あり)。
 大切なのは、貧乏人の気持ちを解ろうとすることであろう。
 そうしない限り、今後も何度でも理不尽なテロは起こり続けるであろう。
 本当に大切なものは、カネでは買い戻せないのである。

 アメリカでは、大富豪のジョージ・ソロス氏らが超富裕層税を導入するよう政府に求めたという。
 本当は彼らだって余分に税金を納めたいはずはない。
 カネを失うよりももっと、カネでは買えない大切なものを失いたくないのであろう。



老後2000万円問題
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »