FC2ブログ

記事一覧

アメリカに見捨てられてシリア政権と組んだクルド

 栄枯盛衰があるのである。
 合従連衡があるのである。
 強い方につくのが当たり前である。
 同盟に固執していれば、滅びるだけである。
 昨日の敵は今日の友――。
 昨日の友は今日の敵――。
 それが戦争なのである。

 クルドはわかっているのである。
 韓国もわかっているのである。
 日本はまだわかっていない。
 が、韓国が寝返れば、日本は最前線に立たされる。
 そうなれば、嫌でも思い知らされるであろう。



クルド
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »