FC2ブログ

記事一覧

自衛隊は米イラン戦争に巻き込まれないのか?

 小早川秀秋は戦いたくなかった。
 だからこそ、戦場になりそうな大垣城には入らず、離れた松尾山に陣した。
 ところが徳川家康は、大垣城を攻めなかった。
 あろうことか松尾山の目の前の関ヶ原に戦場が変更されてしまった。
 それでも秀秋は傍観しようとした。
 しかし、家康の脅しにはかなわず、参戦してしまったのである。

 自衛隊も秀秋と同じであろう。
 戦場はホルムズ海峡とは限らないのである。
 自衛隊のいる所に変更されるかもしれないのである。
 イランは嫌がるであろうが、アメリカとしてはそれこそが狙いである。
 自衛隊はアメリカの脅しにはかなわず、参戦してしまうであろう。

 米イラン戦は泥沼になるであろう。
 米軍地上戦には弱いのである。
 ミサイルばっかでは戦争を終わらせられないのである。
 アメリカは願っているであろう。
 米軍の代わりに自衛隊が戦ってくれることを。



米イラン戦争
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »