FC2ブログ

記事一覧

韓国が親日国になることはないのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 ありえない話であろう。
 最近では中韓と一括しているが、プライドが高い分だけ韓国の方が難しい。
 韓国は日本に負けるのが嫌なのである。
 そのため自分たちが敗戦国であることも決して認めようとはしない。
 確かに、近代日本が韓国にしてきたあまたの悪行については弁明の余地はない。
 が、今の韓国の反日は、それ以前に中国に虐げられてきた恨みも、それ以後にアメリカに虐げられている恨みも、すべて上乗せしている感がある。
 彼らにとっては愛国=反日であり、そのためには法律すら無視したり、ねじ曲げたりすることもアリになってしまっているのである。

「それにしても、どうして韓国は反日一色なのか?」
 それは、先の大戦で日本が敗れたからである。
 親日は殺され、反日だけが生き残ったからである。
 韓国の「親日狩り」は現在進行形である。
 つい半年ほど前も、ソウルの公園で痛ましい悲劇があった。
 95歳の男性が、
「日本統治時代は良かった」
 と、口にしてしまったため、38歳の「愛国者」によって殴り殺されてしまったのである。
 常識的に考えてほしい。
 日本統治時代に生きていた人の意見と、その時代に生まれてもいない人の意見とでは、どちらを信用すべきであろうか?

 韓国で親日を叫ぶには、死を覚悟しなければならない。
 親日と疑われている人には「踏絵」が強要される。
 よって、口で反日を叫んでいたとしても、心までそうとは限るまい。
 朴槿恵(パククネ)大統領などはその典型である。
 彼女は死にたくないために反日ぶっているだけであろう。
 日本人としては、親日の韓国人は誰一人として死んでほしくはない。
 これからも大いに反日を叫んで生き延びてほしいものである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »