FC2ブログ

記事一覧

尖閣諸島上空も防空識別圏に設定した中国


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 尖閣国有化という亡国の所業のツケがいよいよ本格化してきた。
 日中は戦前と逆の立場である。
 中国は国内の混乱を「征日論」で鎮めようとしている。
 国連常任理事国として「正義」を掲げ、日本を怒らせて非行に走らせ、敵国条項の名の下に「悪者」を成敗しようとしている。
 中国は少々手荒なことをしても許されると思っている。
 いくら日本が不当を訴えても、「リットン調査団」など何の力もない。
 このまま世界が連合国の支配下にあり続ける限り、「敵国日本」はどうしようもない。

「じゃあ、敵国条項を削除して、中国を常任理事国から引きずり下ろそう!」
 できるはずがない!
 どちらを行うにも常任理事国である中国の同意が必要なのである。

 いよいよ日本の選択肢は「松平広忠」に限られてきた。
 アメリカ合衆国日本州になっちまえば、「敵国」とはおさらばである。
 その代わり、新参者の下っ端として酷使され、列島分裂の修羅場になる可能性もある。
 この国に試練の日々が訪れるのは、まもなくであろう。
 その先にある「徳川家康」の登場を願うしかあるまい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »