FC2ブログ

記事一覧

秘密保護法成立で日本のメディアはどうなっちまうのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 秘密保護法が成立すれば、メディアのドーナツ化現象が起こるであろう。
 日本のニュースは、国内より海外のメディアの方が詳しくなってしまうであろう。
 そのため国民は、国内のメディアが伝える日本のニュースは信じなくなり、海外のメディアが伝える日本のニュースを信じるようになってしまうであろう。

 特定秘密は一部の公務員にしか明かされない。
 よって、それ以外の一般人が情報を漏れ聞いたところで、それが特定秘密かどうかを判別するすべはない。
 が、情報に長けているメディアであれば、それかどうかを推測し、自主規制することはできるであろう。
 しかしそれは国内のメディアに限ってのことである。
 海外のメディアが自主規制などするはずはなく、かえって特ダネとして大々的に報じてしまうであろう。
 ばらされた日本政府が、
「それ、特定秘密なんですけど!」
 と、海外メディアに指摘したところでムダである。
「だって、特定秘密かどうかは知らなかったんだも~ん」
 と、しらばくれられて終わりである。
 ましてや日本の警察権の及ばない国で暴露された時には、ダダ漏れスノーデン事件状態になってしまう。
 やはり秘密なんてものは、いつかは暴かれるものだと覚悟しておいたほうがいいであろう。



● 特定秘密保護法案 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »