FC2ブログ

記事一覧

なぜ集団的自衛権の議論は稚拙なのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 集団的自衛権の議論は、いつも一点のみで堂々巡りである。
 弊ブログでは何度も指摘していることであるが、襲撃者は敵だけではなく、味方や友もありうるのである。
 想定内の議論を避け、何ゆえ敵一点にこだわるのか?

「集団的自衛権は国連憲章にも規定されています」
 これも気に食わない。
 集団的自衛権行使の根拠に国際連合憲章を持ち出す必要はない!
 国際連合憲章は偽善の法典である!
 矛盾と差別で固めた汚物のようなものである!
 憲章では「すべての加盟国の主権は平等」としながら、明確に常任理事国とその他を差別している!
 日本にとって不都合なのは、何といっても敵国条項であろう!
 この条項を削除しない限り、敵国日本はどんな理不尽な目にあおうとも、永久に絶対服従をしいられ続けるのである!
 この条項がある限り、中国がその気になれば、尖閣侵攻その他も正当化できてしまうのである!
 日本は優先順位を取り違えている!
 敵国条項に比べれば、集団的自衛権など、屁のようなものであろう!




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »