FC2ブログ

記事一覧

欧米はシリアを攻撃してもいいのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 欧州は放っておけばいい。
 日本と直接関係あるのはアメリカである。
 アメリカは考え直すべきである。
 戦争という手段でシリアに手を出してはならない。

 21世紀以降の日米の失墜は、アメリカが中東に戦火を広め、日本がこれに追随したからである。
 日米はアフガンとイラクで同じ失敗を繰り返した。
 二度の失敗でアメリカは思い知ったはずである。
 すでに超大国のアメリカは、勝って当たり前なのである。
 敗戦や停滞は権威を失墜させるだけなのである。
 アメリカが兵を動かせば、自動的に常勝の責務が課せられてしまうのである。

 もう一つ問題がある。
 テロリストというものはあぶれ者である。
 あぶれ者は政権側と反体制側、どちらにもぐり込みやすいであろうか?
 私が何を申したいかはお分かりであろう。
 アメリカがやろうとしていることは、テロリストの支援に他ならないであろう!



● シリア内戦 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »