FC2ブログ

記事一覧

景気への悪影響を知っていながら、なぜ有識者は消費増税に賛成するのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 政治家は富裕層である。
 財界人も富裕層である。
 有識者も富裕層である。
 富裕層ばかりが話し合ったところで、富裕層の重税を求めるはずがない。

 かつて富裕税というものがあった。
 シャウプ勧告によって導入された、富裕層をターゲットにした財産税である。
 増税だけでは富裕層が怒るため、当時85%だった所得税の最高税率を55%に減税した。
 ところが、富裕税は日本になじまないということで、わずか3年で廃止された。
 その代わりに所得税の最高税率を65%に増税した。

 ここでおかしな点に気づかれる方も多いであろう。
「あれ?なんか富裕層って得してない?」
 そうなのである!
 富裕層は「富裕税」という言葉を挟んだだけで、まんまと20%の減税に成功しているのである!
 このような「時そば」は枚挙にいとまがない!
「何とかして富裕層が納めている税金を中間層や貧困層に押し付けられないものか?」
 その結果、消費税増税という究極の富裕層優遇税制にたどり着いたのであろう!



● 消費増税論議 ●



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »