FC2ブログ

記事一覧

何が何でも消費増税は強行すべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 自国民との約束は破ったのに、外国民との約束(国際公約)だけを守ることは売国行為といえよう。
「消費増税しますよ」
 せっかく吹聴して駆け込み需要を生んでいるのであるから、このまま言い続けていればいい。
 9月といわず、期限ギリギリまで、
「絶対、消費増税しますよっ」
 と、言い続け、
「やっぱりしませーん!」
 と、鮮やかに逆転ホームランをかっ飛ばせばいいのである。
 民主党政権は、増税しないと言っていたのに増税を決めたため、国民の怒りの鉄槌(てっつい)を食らったのである。
 安倍政権が逆を行えば、国民が感謝感激狂喜乱舞するのは目に見えている。

「しかし、消費増税をやめたら外圧が黙っていまい」
 そうであろうか?
 アメリカ経済はアベノミクスのおかげで復活したようなものである。
 恩人をつぶすようなことは、アメリカも望んでいまい。
 アメリカでも存外迷っている人は多いであろう。
「あれ?こっちの方がいいんじゃないか?」
 迷える世界の人々を、日本の総理が決定付けられるのである。
 アメリカが怒らなければ、世界が怒るはずもあるまい。



● 消費増税論議 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »