FC2ブログ

記事一覧

誰が政治家に歴史認識を問うのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 タカ派の欠点は売られたケンカを買うことである。
 自分から仕掛けた場合は覚悟の上であろう。
 が、仕掛けられた場合の警戒心が欠けている。

「歴史認識については?」
 この質問はタカ派限定である。
 ハト派に聞いたところで「功名」は得られない。
 タカ派を陥れるための「挨拶」なのである。
 たかが挨拶で打ち落とされては話にならない。

 橋下市長の場合は参院選を前にたたいておこうというものであろう。
 安倍首相の場合はアベノミクスに対する世界的ねたみであろう。

 現状、アベノミクスは絶大な成果を上げている。
 日本では株高でも円安のため物価高にあえいでいるが、欧米では通貨高株高とダブルでウハウハしてきた。
 結果、あれほど深刻だった米財政危機も欧州危機もどっかに行っちまった。
 そうである!
 アベノミクスは日本よりも先に世界を救ってしまったのである!

 が、世界には安倍政権や日銀の手柄と認めたくない人々もいる。
 ウハウハの原因が日本の「右派右派」にあることにおもしろくない人々もいる。
 そのため、どうしてもつつきたくなるのであろう。
「歴史認識については?」
 タカはそんなに鳴いたわけではない。
 が、鳴いた部分が強調され、尾びれ背びれがつけられてしまう。
 すべては自分の手柄のために。

 間違っても安倍首相は、
「自分は世界を救った!」
 なんて口にしてはならない。
 そんなことをすれば、それこそ「挨拶」どころではすまなくなる。
 連中が待ち焦がれていることがある。
「日本はもうすぐ消費税を増税する」
 それがあるために黙っている人々も多いであろう。
 ヤツらは心の中では吠えているはずである。
「やれ!やるのだ!アベノミクスの称賛はそこまでだっ!」



● アベノミクス ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »