記事一覧

日本は巡航ミサイル導入など敵基地攻撃能力を保有すべきか?

 三流政治家は過去を鑑みない。
 二流政治家は現在も考える。
 一流政治家は未来まで企てる。

 日本の官は日本の官である。
 アメリカの官ではない。
 日本への脅威は今に始まったことではない。
 もっと前からあったのである。
 にもかかわらず、騒ぎ出したのは最近である。
 日本の脅威を通り越し、アメリカの脅威が始まったとたん、アメリカに前面に出されて吠えさせられている。

 先制攻撃は悪である。
 敵基地攻撃は愚であろう。
 敵基地攻撃能力を保有したところで、防げるのはアメリカ行きのミサイルである。
 日本行きのミサイルは、基地を壊しても飛んでくるのである。
 もし日本アメリカ行きのミサイルを撃ち落とせば、北朝鮮の矛先は日本に向けられるであろう。
 戦争になっても、北朝鮮には失うものがほとんどない。
 日本は失うものだらけである。
 日本と北朝鮮は経済規模がまるっきり違うのである。
 「金持ちケンカせず」とはよく言ったものである。

 安倍政権のアメリカ追従を暴走ととらえる人もいるが、そうとも言えまい。
 なかなか総理は慎重で、「寸止め」というものを心得ている。
 か゜これは総理だからできることである。
 近い将来、総理より無能な首相が出てこれば、「寸止め」ではすまなくなるであろう。

関連記事
スポンサーサイト