FC2ブログ

記事一覧

北方領土面積二等分割案はアリか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 昔の日本の島民は、昔の故郷を取り戻したいであろう。
 今のロシアの島民は、今の故郷を手放したくはないであろう。

 面積二等分割案は行政的で感情を考慮していない。
 これでは望まぬ土地を得、望む土地を手放すことになってしまう。
 それよりも、とりあえず四島全体を日露で共同統治し、細かい区画は個人の協議に任せてはどうか?

 北方領土でのロシアの作戦は、日本を破滅に追い込むことである。
 ロシアは七十年余りをかけて、あと一歩まで日本を追い詰めてきた。
 その作戦とはこうである。
「ロシアはただ時間を稼いでいればいい。時がたてばたつほど日本は不利になる。日本の島民は減り、ついには全員あの世へ逝ってしまうことになる。そうなれば、四島とも自動的にロシア領だ」
 そうである!
 日本の歴代内閣は、例外なくみなロシアの作戦に引っかかり続けてきたのである!
 取り返しのつかない事態を免れるには、まずは共同統治にし、この破滅に向かう連戦連敗トンネルから脱出すべきであろう!

 北方四島が今までの損失を取り戻すには、経済発展するしかない。
 日露双方の通貨を使用可能とし、租税回避地にすればいい。
 官は利益を上げた誘致企業からだけ税を徴収するというのはどうであろうか?



● 北方領土問題 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »