FC2ブログ

記事一覧

米朝戦争はあるのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 北朝鮮が願うのは米中戦争のはずである。
 それがかなわなければ、単独で打って出てくることはあるまい。
 現状は、米韓が家の前まで来たために激しく吠えているに過ぎない。
 北朝鮮も単騎で暴発することは、滅亡に直結することぐらい分かっているはずである。
 ただし、中国が完全にアブラを止めてしまえば、将来的にはありうる。
 戦前の日本の暴発理由は、まさしくそれである。
 しかしその場合でもすぐには日米韓に刃を振りかざすことはあるまい。
 その前に「人質物質」を奪い、中国の巻き添えを謀るはずである。

 よく、
「北朝鮮だけでアメリカほか世界中を振り回している点についてはたいしたものだ」
 というようなことを言われる方があるが、そこまで過大評価することはないであろう。
 北朝鮮はバックがあるから吠えているだけなのである。
 バックとは、言わずと知れたあの国である。
「日米中韓で連携して北朝鮮を孤立させよう!」
 不可能であろう!
 できたらできたで、日本にとっては百害あって一利なしであろう!
 だいたい言いだしっぺのアメリカ当国が「数千歳の海千山千のバケモノ」を信じているはずがない!

 アメリカは迷っているであろう。
 早いうちに北朝鮮を暴発させた方がいいのか?
 アメリカ西海岸にミサイルが届くようになる前に片付けてしまったほうがいいのか?
 大国の権威は、小国に勝ち続けなければ保つことができない。
 が、小国の権威は、大国をてこずらせているだけで増していくのである。
 アメリカはそれがおもしろくないのである。
「いつやるか?今でしょ!」
 このまま北朝鮮がおとなしくならなければ、アメリカは決断するしかあるまい。
 そしてその時、日韓にとって最悪の不幸が舞い降りることになるであろう!



● 北朝鮮ミサイル問題2013 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »