FC2ブログ

記事一覧

射殺されたボストンテロの容疑者の一人


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 また一つ、オバマ大統領はウソをついた!
「私たちはおまえ(容疑者)を見つける!そして、法の裁きを受けさせる!」
 そう言ったその日のうちに、法の裁きにかけることもなく容疑者を始末してしまった!
 死人に口なしの容疑者の思いは、
「こんなことは許されない!」
 か、
「話が違う!」
 であろう!

 アメリカの警察は言い訳するであろう。
「容疑者は武装していたから殺すしかなかった。仕方ないじゃないか~」
 仕方ないことはない!
 容疑者を武装させたのはアメリカである!
「身を守るためには銃が必要なんだ」
 銃の所持を容認しているアメリカの法律がさせたことである!
 事はアメリカだけの国内問題ではない!
「国を守るためには核が必要なんだ」
 アメリカの銃自由主義が、世界に物騒を拡散させているのである!
 アメリカはもっと銃を規制せよ!
 銃の売人どもは、日本のTPP参加を待ち焦がれているであろう!

 なぜアメリカは銃を容認するのか?
 それは、アメリカという国が、法を建前とし、力を本音としているからである。
 尖閣・竹島紛争も、実はアメリカのせいである。
 両方とも、法では日本領だと認めているものの、心底では中韓の力ずくに共感しているのであろう!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »