FC2ブログ

記事一覧

日銀による「異次元」の金融緩和政策


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 理論は歴史には勝てない。
 理論は成果につながるとは限らないが、歴史は結果そのものである。
 どちらを重視するかは、初めから分かっているはずである。

 アベノミクスには賛否両論ある。
 が、「冷房設定」を「弱」から「中」、そして「強」に切り替えることが分かっている以上、「暖房」を入れなければ凍え死んでしまう。
 そこで日銀は「異次元の暖房」を用意した。
 スイッチを入れてみると、何やら暖まりそうな雰囲気がする。
 まだ気分的なものであるが、それだけでも全然違う。

 そういえば安倍総理は、「冷房」のことはほとんど口にしない。
 それに比べて某前総理は、
「消費増税に不退転」
 と、事あるごとに口にし、「暖房」も入れず、デブ――、じゃなくて、やせ我慢していただけであった。
 まだ暖まったわけでもないのに、国民の評価はこんなにも違うものである。
 それでも下々の私は、やっぱりこう思ってしまう。
「暖房より、冷房を切ったほうが早いんじゃないでしょうか?」



● アベノミクス ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »