FC2ブログ

記事一覧

昨年の衆院選を無効とした広島高裁


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 1票の格差を是正できないのは立法の怠慢に違いない。
 これを司法が指摘するのは当たり前のことである。

 が、自分に優しく人に厳しくしたがるのは人の性である。
 国会は国の唯一の立法機関であるゆえ、自分たちに対する法も自分たちで決める。
 いったい誰が自分たちに不利な法など作ろうとするであろうか?

 司法にも理不尽なことはある。
 たとえば官vs.民の裁判である。
 裁判には勝ち負けがあるが、勝とうが負けようが官が損をすることはない。
 勝てば官の得であるが、負けても損を増税で民から取り戻せばいいだけである。
 それだけではない。
 あまたの裁判などにかかる諸経費の請求書は、結局すべて民のところに飛んでくる。
 そもそも官のカネは民のカネで成り立っている。
 人の褌(ふんどし)で相撲を取っている官は、どう転んでも絶対に損をしない仕組みになっているのである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »