FC2ブログ

記事一覧

なぜ中国海軍幹部は海自艦への射撃レーダー照射を認めたのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 私は心理戦とか軟化したとかいう理由ではないと思う。
 中国は「共犯者」にされたくないのである。

 日本は「射撃レーダー照射の証拠」を持っているのである。
 公開しないのは、中国に気を使っているだけなのであろう。
 いくら日本が隠していても、「第二の一色正春」が現れないとも限らない。
 中国は確固たる陰謀の証拠を白日の下にさらされるよりは、自分からごまかしたような発言をさせた方が賢明だと考えたのであろう。

 北朝鮮は日中開戦を今か今かと待ち望んでいる。
 尖閣沖で日中が激突するやいなや、日韓の原発へミサイルを連射し、アメリカ本土にテポドンを撃ち込むかもしれない。
 そうなれば、中国は強制的に北朝鮮の共犯者である。
 中国は日本との局地戦はやむなしと考えているであろうが、米中全面戦争までは想定していないはずである。
 アメリカとの「太平洋半分こ」を実現させるまでは。



● 中国海軍フリゲート艦射撃管制レーダー照射問題 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »