FC2ブログ

記事一覧

「絆」とは何なのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 今更ながら、私は「絆」という言葉が好きではない。
 絆とは、本来いい意味で使う言葉ではあるまい。
 絆とは、家畜やペットなどをつないでおく綱のことであろう。
 ほだし――、つまり、手かせ足かせのことであろう。
 自発的ではなく、強制的な意味合いの言葉であろう。
 少なくとも、復興を目指す未来ある人々に使う言葉ではあるまい。
 助け合いを呼びかける言葉が他にいくらでもあるにも関わらず、なぜ「絆」なのか?

 人間として助け合うことは大切である。
 が、それ以前に生物として大切なことも忘れてほしくはない。
 それは、陸前高田の「奇跡の一本松」が身をもって教えてくれたことである。
「みんな死んじゃったけど、自分だけでも生き残ってやるー!」
 そうなのである!
 生物というものは、たとえ絆を断ち切られたとしても、たった独りでも生きていかなければならないのである!
 多くの人間は独りでこの世に登場し、独りでこの世を退場していくのである!
 孤独死でも、どんなに大勢にみとられていようとも、独りであの世に逝くことには変わらないのである!
 振り返れば、最初の人類は究極の孤独であった!
 最後の人類もまた、究極の孤独であろう!
 それでも、どんなことがあろうとも、生きて生きて生き抜くことが、生物として最低限の義務であろう!



● 絆 ●

● 海神味 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »