FC2ブログ

記事一覧

危険地帯の在外邦人を救出できるよう自衛隊法を改正すべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 議論がおかしい。
何が、
「鉄は熱いうちに打て!」
であろうか?
法は感情的ではなく、理性的に作るものであろう!
 
 アルジェリア人質事件は仏英米ですら手を出せなかったのである。
自衛隊法を改正していたところで邦人を救出できたわけではない。
重要なのは危険地帯の邦人を救う法を作ることではない。
危険地帯に邦人を行かせないことであろう!

なるほど、危険地帯に自衛隊が行けるようになれば、在外邦人を救うことができるかもしれない。
しかし、邦人ともども自衛隊もやられてしまう可能性も出てくるわけである。
たとえやられなくとも、邦人を救うために自衛隊が人を殺すようなことがあれば、いらぬ怨念を増やしてしまうことになる。
これではかえって在外邦人を危険にさらし、日本国内にもテロを招くようなものであろう!




● アルジェリア人質事件 ●
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62392663.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62394297.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62394496.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62396490.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62398468.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62399624.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62401810.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62402153.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »