FC2ブログ

記事一覧

アルジェリア人質事件は日揮にとって想定外だったのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 想定外ではなく、覚悟の上のはずである。
日揮はカネと命を天秤にかけ、カネを選んだのである。
勝負師としての賭けに敗れた結果論であり、非難はしない。
 
 アフリカが危険であることは、国際情勢の素人でも予測できる。
テロリストが欧米列強による植民地主義の怨念を利用しないはずがなかった。
このことについて、私はすでに4年前に予想していた。
2008年1月6日の「パリダカも中止になったアフリカで何が起こっているのか?」にて、アフリカにテロリストによる「国」ができるのではないかと懸念していた。
昨年、マリにてイスラム過激派勢力による「国」ができた。
これに危機感を抱いたフランスが軍事介入したことによって事は誘発されたのであろう。

事はこれだけでは終わらない。
軍事介入はテロリストだけを退治しない。
それ以外の大勢の人々も犠牲になる。
無慈悲に殺された無実の人々の遺族は、フランスを憎悪するであろう。
「フランスめ!カタキは必ず取ってやる!」
そしてまた、悲劇の連鎖が起こってしまうのである。



● アルジェリア人質事件 ●
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62392663.html

● 仇討味 ●
http://www.geocities.jp/rekishi_chips/adauti1.htm
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »