FC2ブログ

記事一覧

経済政策の一環として贈与税減税はアリか?

 経済政策に「時蕎麦(ときそば)」を混ぜてはいけない。
増税は慎重にすべきであるが、減税もまた慎重にすべきである。
贈与税を減税するということは、官にとって二重に税収が減ることになる。
贈与税収が減るだけではなく、贈与増加によって相続税収も減ってしまうわけである。
しかも、この減税の恩恵を受けるのは、カネを持っている者だけである。
つまり、贈与税を減税して消費税を増税することは、貧困層を含むみんなからカネを徴収し、富裕層にだけ還付するということであろう!
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »