記事一覧

福島第一原発事故賠償費の一部2兆4000億円を電気料金に上乗せすることにした経産省

 会社の辞書には「倒産」という文字がある。
東電の辞書には倒産という文字はない」
 という例外はありえない。
 許してしまえば、どんな悪逆非道なこともできてしまうであろう。

 これ以上、東電の負債を他の電力会社や国民に肩代わりさせてはならない。
 賠償は事故を起こした者がするものである。
 東京電力福島第一原発事故賠償は、全額東京電力がすべきなのである。
 もう十分支援しているにも関わらず、
「また負債が増えましたので、沖縄電力を除く他の大手電力会社も肩代わりしましょうねー。新規参入電力会社肩代わりしましょうねー」
 とは、何事であろうか?

 沖縄電力は除外する理由もおかしい。
「沖縄には原発がないので払わなくてもよろしい」
 何を寝ぼけたことを言っているのか!
 原発がないのが理由であれば、新規参入電力会社はどこも払わなくてもいいではないか!  

 あくまで賠償すべきは東京電力である。
 国民全体で負担ではなく、東京電力管内の電気料金の値上げなどで完結すべきである。
 それができないのであれば、つぶれてもらうしかないであろう!

 そうそう。一つ言い忘れたことがある。
 東京電力が支援を求める先は、日本国だけではあるまい。
 日本国より先に、事故機を造ったメーカーの本国に泣きすがるべきではあるまいか?
関連記事
スポンサーサイト