FC2ブログ

記事一覧

歴史問題で連携して日本に対抗する中韓


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 歴史問題と領土問題は別問題である。
 日本は歴史問題があるからといって領土問題まで遠慮することはない。
 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということは封建国家のすることであり、法治国家のすることではない。
 日本は封建国家から法治国家になり、敵討ちや連座制を廃止した。
 中韓もまずは冷静になって法治国家になるべきである。
 
「たたかれたらたたき返す」
 その感情は理解できる。
 が、それを実行に移すことは理解できない。
 それを許せば、さらなる報復を呼ぶことになる。
 報復が報復を呼び、収拾がつかなくなる。
 それこそが、現在世界を混乱に陥れている原因であろう。

 報復の連鎖を止めるのは、暴力ではなく、法の力である。
 そのためには、法の支配を世界に浸透させなければならないのである。



● 仇討味 ●
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/adauti1.htm
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »