FC2ブログ

記事一覧

ついに日本は改憲するのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 護憲派が力を持っている民主党政権はもう終わりである。
 自民党にせよ、第三極にせよ、次の政権は改憲派である。
 先述したように、これは日本国民の意思というより、米軍の意思であろう。
「日本は護憲を続けるのがいいか?それとも改憲したほうがいいのか?」
 つい最近まで、アメリカは迷っていた。
 が、「放射能リスク」と「第二次日中戦争リスク」のため、改憲へと舵(かじ)を切ったとみられる。
 なぜか?
 
 米軍が日本から撤退する理由づけのためであろう。
 改憲して自衛隊が日本軍になれば、米軍が日本を守る理由がなくなる。
 しかも、オスプレイが事故を起こせば、日本国民の怒りを買い、
「米軍は出ていけ!」
 の機運に油を注ぐ。
 それに乗じて米軍は、
「待ってました!」
 と、ばかりに撤退するとみられる。

 その時に、第二次日中戦争でもおっ始めていたら大変である。
 日本単独では中国には勝てない。
 たとえ優位になったとしても、日本には「東日本が瞬時に壊滅する傷」がある。
 日本が優勢になればなるほど、中国は起死回生の一撃を狙ってくるであろう。

 アメリカは負ける方にはつかない。
 が、日米同盟の手前、日中双方にいい顔をしておく。
「尖閣諸島は安全保障の範囲内です(日本向け)」
「でも、領土問題は中立です(中国向け)」

 アメリカが銃社会から脱却できない一因は、「死の商人」を多く抱えていることにある。
 これら影響ある人々が、豊満な極東市場を欲しないはずがない。
「死の商人」は知っている。
 日本は米軍が味方してくれないと、中国と戦うはずがないということを。
 中国は米軍が日本に味方したら、戦うはずがないということを。
 そのため、「死の商人」はこんな画策をしてくるかもしれない。

 まず、アメリカが、、
「味方してあげるから一緒に中国と戦おうよ!」
 と、日本に兵器を売りまくり、その気にさせて宣戦布告させる。
 で、開戦するやいなや、
「それじゃあ、あとはお二人でごゆっくり~」
 と、すかさず米軍を撤退させ、今度は中国相手に兵器を売りまくる。

 こう言うと、
「アメリカはそんな卑怯なことはしないよ~」
 と、怒ったり笑ったりする方もおられるであろう。
 が、現に戦前の米英は、似たようなことを日本にしやがったのである。



● 改憲論議 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/21538999.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/39505091.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/40731050.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/45528653.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/46506665.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/46572430.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/46674278.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/46725367.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/46784859.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/53048140.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/58741761.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59887995.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61880863.html
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/kenpo01.htm
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/kougeki1.htm
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »