FC2ブログ

記事一覧

執拗(しつよう)だった丹羽駐中大使襲撃事件


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 仇(あだ)討ちは際限がない。
 愛国無罪は法治国家ではありえない。
 愛国行為は法の範囲内にとどめるのが常識である。
 これらを放置しておけば、互いに収拾がつかなくなるだけであろう。
 
 
 
● 丹羽宇一郎駐中大使車襲撃国旗強奪事件 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/mohenzi/6374951.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »