FC2ブログ

記事一覧

なぜ高橋克也容疑者は万人環視の中、十何日間も見つからずにすんだのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 軍記物語『太平記』によると、元弘の乱の際、追手から逃れて般若寺仏殿の唐櫃の中に隠れていた護良親王は、「隠形の呪」という隠れ身の呪文を念じていたという。
 真言宗の秘法というが、高橋容疑者はそれを知っていたのかも知れない。
 もちろん、そんな呪文に効力があるとは思えないが、高橋は信じていて変におどおどしなかったため、周囲の人々から不審がられなかったのではあるまいか?
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »