FC2ブログ

記事一覧

「売国発言」をした丹羽宇一郎駐中大使は更迭すべきか?

 口が愛国でも、心が売国であれば、売国者である。
 口が売国でも、心が愛国であれば、愛国者である。
 私は丹羽大使の心を知らないので、非難するつもりはない。
 むしろ、政治戦略として彼の売国発言をほめたたえた。
 
 駐中大使は中国寄りの発言をすべきである。
 駐米大使はアメリカ寄りの発言をすべきである。
 駐露大使はロシア寄りの発言をすべきである。
 その他国々の大使も、その国寄りの発言をすべきである。
 その方がそれぞれの国で信頼され、それぞれの国の機密を得やすくなるではないか。



● 丹羽宇一郎駐中大使 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61948677.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »