FC2ブログ

記事一覧

生活保護費支給水準を引き下げを考える小宮山洋子厚労相


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 何度か提案しているが、生活保護は配給制にすべきである。
 インフレで給付水準を引き上げ、デフレで引き下げれば、どうしても実勢とズレが生じてしまう。
 配給制ならこの問題を解決できるほか、現物支給に切り替えることによって経費削減ができ、官と民、両者のズルを防止することもできる。
 実勢にそぐわず、貧者利権にたかるウジどもを太らせるばかりで本当に困っている人を助けられない現ナマ制度は、即刻廃止すべきである。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »