FC2ブログ

記事一覧

格付け会社の格付けに一喜一憂すべきか?

 内閣支持率の変動には一喜一憂すべきではない。
 国債の格付けもまたしかりである。
 一時しのぎではなく、大局を見て財政改革を行うべきである。
 
「消費税増税で財政再建を」
 だけではなく、
「消費税増税後はどうなるのか?」
 を、セットで考えるのは当然であろう!
 安住財務相は、
「税と社会保障の一体改革にがんばる」
 と言うだけで、何ら具体策がない!
 消費増税という「冷房」を入れるからには、それを上回る「暖房」を入れなければ、「氷河期」襲来はまぬがれない!
「暖房」が思いつかないのであれば、初めから「冷房」など入れるべきではないのだ!

「消費税増税を決定すれば、国債の格付けは上がる」
 というのは幻想である。
 増税決定によって一時的に上がったとしても、増税実施による不況の嵐によって暴落を起こすことは目に見えている!
 日本は忘れるべきではない。
 かつて日本国債の格付けは最上級であった!
 最上級だった時代には、日本には消費税など存在しなかったのである!



● 日本国債 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59268164.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60008909.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60226499.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60748882.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61313464.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61630053.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61812376.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング