記事一覧

博多大陥没の穴を速攻で埋める必要があるのか?

 事故ってすぐ埋める!
 で、連想してしまうのは、いつぞやの中国高速鉄道事故である。
 あれほどの大陥没事故で、本当にただの一人も巻き込まれていなかったのであろうか?
 大量の土砂の中に絶対に誰もいないと、どうやって確かめたのであろうか?

 インフラの復旧は速やかにすべきであろう。
 が、穴全部を瞬時に埋める必要があるのか?
 歴史都市博多でのせっかくのあれほどの大陥没なのである。
 まずは考古学者地質学者を呼ぶべきではないのか?
 工事関係者の中には、遺跡遺物化石など面倒なものが出土した場合、見なかったことにして埋めてしまう人もいるという。
 今回も何かそれらしきものが見つかってしまったから、慌てて全部埋めたのではあるまいか?
関連記事
スポンサーサイト