FC2ブログ

記事一覧

震災がれきは広域で処理すべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 震災がれきの処理が進まなかったのは、がれきの量が多かったからではない。
 国がカネを出さなかったから人手が集まらなかっただけである!
 国はカネを持っていなかったわけではない!
 その証拠に、広域処理に切り換えたとたん、突然カネをばらまき始めた!
 何という汚すぎるやり方であろうか?
 最初からこれが国のねらいだったのである!
 広域処理とは聞こえはいいが、ようは被災地の仕事を横取りしたかっただけなのである!
 
 人手を集める方法はいくらでもあった!
 海外に出払っている自衛隊員を召集すればよかった!
 暇な公務員や独法職員を被災地に出張させればよかった!
 仕事がなくて困っている建設会社を被災地に手配すればよかった!
 失業している人々を復興庁臨時職員として雇って送り込めばよかった!
 焼却しても処理できないがれきかすは、海を埋め立てて国土を広げればよかった!
 これらを迅速に進めるためには、仙台に復興庁本部を設置すればよかった!
 そういうことを何一つせず、いまさら何が広域処理であろうか!
 震災ボランティアというのもふざけている!
 ボランティアだから集まらないのである!
 復興庁職員にしてしまえば、いくらでも集められたはずであった! 
「すべての復興利権は被災地に渡さず、中央が握る!」
 国は初めからこれが目的で復興庁を東京に置いたのであろう!



● 震災がれき処理問題 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61120764.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61736015.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61781870.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61784829.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »