記事一覧

下村博文元文科相の「言い訳」は通用するのか?

 政治家は法を作ったり直したりするのが仕事である。
 法の不備に気づけば、改正するのが政治家である。
 法の不備に気づきながら悪用するのは、政治家ではなくタダの悪人であろう。

 政治資金規正法には不備があるのである。
 下村博文元文科相は不備に気づいていながら改正しようともせず、悪用までしていたのである。
20万円以下は記載しなくてもいいんです」
 この言い訳こそ、
「私は政治家の風上にも置けない悪人でーす」
 と、バラしているようなものである。
 カネというものは、どんな大金でも小分けできるものである。
 どんなに巨額な献金をもらったとしても、すべて20万円以下に小分けしてしまえば、何ももらってないことにできてしまうであろう!
関連記事
スポンサーサイト