FC2ブログ

記事一覧

死刑が確定した光市母子殺害事件の元少年(大月孝行被告)


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 むなしい戦いであったが、被害者の夫(父でもある)は勝った。
「安楽死」ではあるが、犯人を極刑に追い込むことができた。
 この勝利は、被害者の夫がメディアに顔を出さなければ、全身全霊をかけて戦いに挑まなければ、おそらくなかったであろう。
 彼は自ら勝利を勝ち得たのである。
 一見、戦いとは無縁の好青年が、愛の力ゆえに戦い、「将来の被害者」をも救うことができたのである。
 まことに天晴れとしか言いようがない。
 願わくば彼に、元少年の死刑執行ボタンを押させてあげたい。
 
 一方、元少年に対して同情はない。
 元少年の母の自殺は同情するに値しない。
 この国には、年間三万人以上の自殺者がいるのである!
 自殺者の遺族も、親の愛に飢えている少年少女もごまんといるのである!
 そういった子供たち全員が犯罪者になる思ったら大間違いだっ!

 元少年は死刑を恐れることはない。
 この国の死刑は「安楽死」である。
 たとえ死刑にされなくとも、誰一人として死なない人はいない。
 君は君が死に追いやった被害者よりも、楽~に死ぬことかできるのである。
 せめてそれまでに自分のしたことに煩悶(はんもん)し、罪深さを自覚してから死ぬがいい。



● 光市母子殺害事件 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/32242469.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/53084258.html
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »