記事一覧

ボブ・ディラン氏はノーベル賞を受けたくないのか?

 卒アルのクラス写真撮影日に欠席すると得である。
 卒アルでは、自分だけ別枠になって目立つからである。

 ディラン氏は迷っているのであろう。
 彼らしいのは受けない方なのである。

 ノーベル賞受賞者の数はの数に迫ってきた。
 それに比べて受賞を辞退した人は圧倒的に少ない。
 受けるか受けないか、どちらが歴史に残るかといえば、後者に決まっているであろう。
関連記事
スポンサーサイト