記事一覧

いったい誰が「生前退位」という造語を考えたのか?

 皇后さまも驚かれたという。
 今までそんな言葉は、どんな歴史の書物でも御覧になったことはなかったという。
 結構歴史に詳しいつもりでいる私も、そんな言葉は今まで一度も見たことも聞いたこともなかった。
 誰かが天皇陛下の譲位の意向を示されたお言葉に合わせて造語し、各メディアがいっせいに習ったと考えるべきであろう。

 だいたい「退位」というものは、生きていなければできない。
 そのため「退位」にわざわざ「生前」を付け加える必要は全くない。
 にもかかわらず、あえて「生前」をつけたのは、悪意だけしか感じられない。
 それなのに、いまだ多くのメディアは悪意に満ちた造語を使っている。
 国会でも有識者会議でも、平気で呪い言霊を飛び交わせている。
 こんなことは議論の前にやめさせるべきであろう。
関連記事
スポンサーサイト