記事一覧

葛西りまさんいじめ自殺問題

 人は自分には優しい。
 他人には厳しい。
 身内には優しい。
 部外者には厳しい。
 葛西さんへのいじめも、黒石市への批判も、根本は同じであろう。

 厄介なことに関わりたい人はそういまい。
 騒動に巻き込まれ、八つ当たりされるくらいなら傍観者でいたいはずである。
 しかし、黒石市は主催者であった。
 主催者は傍観者にはなりえない。

 「自衛権」というのはおかしくない。
 が、「集団的自衛権」というのはおかしい。
「困っている他人を助けよう!」
 というのは、権利ではなくて義務のはずである。
 人は権利は求めようとするが、義務は求めようとしない。
 「集団的自衛権」というものは、義務権利にすり替えた詭弁(きべん)といえよう。
関連記事
スポンサーサイト