FC2ブログ

記事一覧

「小沢る」「鳩る」「菅る」「野田る」

 官邸のスジの話。

「総理。大修館書店が中高生から募集した『国語辞典に載せたい言葉』って御存知ですか?」
「知らないな」
「『小沢る』や『鳩る』や『菅る』といった言葉もありますよ」
「ふーん。どんな意味?」
「『小沢る』の意味は三つあって、(1)裏で牛耳る。(2)子分をたくさん持つ。(3)子分を見捨てて雲隠れする」
「プッ!」
「『鳩る』は、(1)無責任なことを言う。(2)話すたびに内容が変わる。(3)悪いと思わずにウソをつく」
「ププッ!」
「『菅る』は、(1)いつまでも同じ地位に居座ろうとする。(2)何もせずにダラダラする。(3)無意味に粘る」
「プププッ!」
「ちなみに『野田る』というのもありますよ」
「どんな意味?」
「(1)泥臭くがんばる。(2)上手にスピーチする」
「ほかの三人に比べたらまともじゃないか」
「これらは野田政権発足まもないころに募集したものですからね。もうじきこんな意味に変わるでしょう」
「どう変わるって言うんだ?」
「(1)裏で操られる。(2)国民から顔をそむける。(3)外国にこびる。(4)税金を取りまくる」
「……」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »