FC2ブログ

記事一覧

続々・女性宮家創設の検討はすべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 天皇家は万世一系でなければならない。
 女性宮家を創設し、女系天皇を立て、男系を女系に切り替えてしまっては、万世二系になってしまう。
 そんなものは天皇家ではない。

 皇統が断絶したときに何をしてきたかは宮内庁は知っているはずである。
 古墳時代、武烈天皇で皇統が途絶えたとき、武烈天皇の姉・手白香皇女が応神天皇五世孫・継体天皇に嫁した。
 奈良時代、称徳天皇で皇統が途絶えたとき、称徳天皇の妹・井上内親王が天智天皇の孫・光仁天皇に嫁した。
 江戸時代、後桃園天皇で皇統が途絶えたとき、後桃園天皇の娘・欣子内親王が東山天皇のひ孫・光格天皇に嫁した。

 旧皇統の女子が新皇統の男子に嫁すことによって皇統を継承する――。
 その場合、新皇統の男子は皇族または旧皇族でなければ万世一系にはならない。
 これが皇統が途絶えた場合の万世一系を守るための先例である。
 それなのに、先例を無視し、いとも簡単に万世二系にしてしまっては、命を賭けてまで死守してきた多くの先人たちに申し訳ないであろう。



● 女性宮家創設の検討はすべきか? ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61563820.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61565249.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »